忍者ブログ

GOODDAY

悲しい現実を 嘆くより 今 何ができるかを考えよう… 無期限休止中のZARD FAN SITE「WithZARD」管理人、羊の、 主にwith ZARDな、時に個人的なことを気紛れに。

「言葉を、大切にしてきました。」羊と私とZARDと・第一章-4

第一章-3


高校の時。
「ら抜き言葉」を
矯正された。

日常の言葉で。
例えば、

「こんな食べれない~」
とか言うと、

ものすんごい勢いで、
つうか、光の速さで、

「ら!!!!!(怒)」

って。言われる。

どれ位言われたか、
どの時期から始まったか、
全く覚えていないけど。

ただ、言えるのは。

ホームステイで、
彼女と一ヶ月近く
昼夜共に過ごしたってこと。

今だから言う。
言ってたかもだが。

苦痛だった時期が
無い訳では無い。

でも。彼女は言った。

「あんた国文行くんでしょ!!
正しい日本語使えなくて
どうするの!!!!!!!」


数年後。
微塵も行きたくなかった
大学で。
でも、国文学科には
進むことが出来たので。

国語学の講義かな。
小論文。

お題は「ら抜き言葉」。

ktkr(キタコレ)…って
その当時は思わなかったけどw
そんな感じで。


彼女とのエピソードと。

「言葉は、時代の流れと
共に変わるもの。
それを、無理に
古来の言い回しに
矯正する必要はない



が。
学校教育や家庭等において、
本来の文法…
正しい日本語も身につけ、
TPOに合わせて
使えるように
しておくことが必要だ。」

みたいな内容だったと
思う…昔過ぎて(-.-;)

ばっちりA判定でした♪
確か、
「ここは特に良い」の
波線も引かれていたような。

自慢自慢(*^ー^)v


嘘嘘(;^ー^)

今でも。
彼女には心から
感謝しています。

敢えてマイナスと
言えば…
人の「ら抜き言葉」が
耳に障るように
なってしまったことかな。
(;^▽^)


P.S.
本人降臨は
メッセージorメールで
お願いします(^人^)





(第一章-5へ続く)
PR