忍者ブログ

GOODDAY

悲しい現実を 嘆くより 今 何ができるかを考えよう… 無期限休止中のZARD FAN SITE「WithZARD」管理人、羊の、 主にwith ZARDな、時に個人的なことを気紛れに。

「自分の中に いろんな自分がいて」羊と私とZARDと・第二章-2

第二章-1


子供の…
小学校高学年から
中学…高校も少し。

ZARDに近い存在の
ものがあった。
マンガ。

GOODDAYにも多分
書いたことあると思う。
『月の夜 星の朝』。


胃が痛くなるほど
こんなにハマるなんて
価値観は吹き飛んだ

「ハマる」体質
なんでしょうね。

前出のマンガのヒロインは。
理想の「女の子」像で。

髪をボブカットに
しようとしたり、
バスケを始めようとしたり、

いろんなことをやった。

イラストも書いた。
Vサインでウインクした。
いつも同じ顔だけど…
(-.-;)

彼女も小柄で幼く、
国語が好きで、

「美人」ではなく
「可愛い」という設定。

これなら目指せる、とか
思ったんだろうね。

誰からも愛されるキャラは、
「憎まれっ子 世に憚る」の
羊の中の人とは
対照的だったけど…。

勿論、恋人との


運命の出逢い…

もまた、
当時惹き付けられる
要素の一つだとは
思いますが。


兎に角。
単行本コンプリは
当然のこと、
関連グッズ収集とか。
切り抜きとか。

つうか、
成長してなくね?
自分www

余りのハマり具合いに、
関連物を一度
全て箱に封印させられた。
確か、扇風機の
箱じゃないかな…
高さがある。
子供には
めっさおっきな箱。

…まぁ、
捨てられなかっただけ
良しとしないとね。

親は公的の相談機関に
電話をしていたらしい。

でもね、
♪不思議ね…
なのは。
私の状況を話しただけで、
相談員が
作品名を分かったらしい。
同様の相談が
複数寄せられていたとか。

その当時、ぶっちぎりで
流行った訳でもなく。
アニメ化もしてないし。
実写映画化はしたけど。

一部のコアなファンが
居たらしい。
私みたいなw。

…実写映画化。
私的に
有り得ない配役と。

あと、高校時代は、
音楽に…行く行くは
ZARDに繋がる
HM/HRなるジャンルに
エキサイトしていたので。

熱はおさまっていった。

今でも一番大好きな
マンガだけどね。
(^-^)




(第二章-3へ続く)
PR